先日ブログでも書きましたが、昨日初日の『まるのうち保健室』に行ってきました〜!



❄︎そのときの丸の内ほけん室の話題はこちら



場所は東京丸の内 新丸ビルの11階、エコッツェリア。

仕事で八重洲側はよく行くけど、東京駅を挟んでこっち側(丸の内側)は大きなビルばっかりでお堅い仕事っぽい人ばっかり歩いてて、朝からビジネス〜な匂いっ♫


そんなビルの中にひときわ女性だけが集まるエコッツェリアのスペース。

『まるのうち保健室』はスタッフの方も全て女性という安心感♡


ステップ1:まずは写真撮るの忘れちゃったけど、体組成計から。
よくある体脂肪と体重が測れるやつよりも大がかりで、厳密なやつで測ります。

結果はこんな感じ。
(本邦初公開!瀬尾のカラダの内側w)


あなたの筋力は下肢に偏ってますよー、体重体脂肪はベスポジより低めですよー、などなど説明を受けました。

最近バタバタでトレーニングができてませんがギリギリアスリート体系に踏みとどまっていた(笑)





ステップ2:ヘモグロビンを測ります。
こんな小さな機械に指入れて、キープしているだけで測れちゃうスグレモノ。


12.5mg/dlで基準クリア。
献血できる人でしたw





ステップ3:ヘモグロビンからの骨密度

ここに来て、聞かれてしまった、「足、何センチですか?」

「25センチですけど?」(←素足で測って25とか、自分でもほんとか?と思うけど、縮まってはいなかったw)



ステップ4:最後は栄養士さんのカウンセリング



私の体組成や、事前アンケートで答えたカラダの悩みなどに応え、限られた時間の中で丁寧に説明してくれました☆彡

ただ、やっぱりカウンセリングって個人の力量が試される場だな、ということを改めて。
このカウンセリングは7タイプ別に分けた独自のカウンセリングツール(特許出願中)を使って行ってゆくのだけど、そのツールは世界的な研究をもとに統計的に一番疾病の少ないとされるBMIや体脂肪率のゾーンを指標にアドバイスを行うもの。

でも、カウンセリングを受ける人ってやっぱりライフスタイルとか、課題とかも様々なので、あくまでもそういった指標は目安に、個人に対応したアドバイスがいかにできるか、が大切なのだなーと。
どんなにツールやマニュアルに沿って勉強しても個々への対応は引き出し、経験がものを言う。


という課題も感じつつ、自分でも引き続きさらに色んな課題に向き合っていかなくちゃな、と思いました。若いスタッフもたくさん関わっているからこそ、まるのうち保健室もそこについては今後に期待ですね。


とはいえ、仕事漬けになりがちな世代の女性が健康を気にするきっかけを与える取り組みとしてはすごく良かった。
そして内容も濃いし、お土産も♡

それぞれの状態に合わせたアドバイスカード。


無料にしてはかなりの栄養についての情報量の別冊FRAU。



協賛企業からのお土産も。
お米まであった!!


なんと、先日、【Sports Diet Labo】で基礎体温について書いたばかりですが、基礎体温が40秒で測れる基礎体温計!

「キレイ℃ナビ」という楽天のアプリ(課金制170円/月)を使うとピピっとデータを飛ばせて管理できるスグレモノ♡

やっぱり、体重でも体脂肪率でも月経周期でもそうだけど、まずは"自分のカラダを知ること"。


これがトレーニングへの第一歩なのだな、とあらためて確信。


アスリートに限ったことではなく、ダイエットしたい人も、健康を維持したい人も。

見たくないものを見ないようにしていては何も変わらない。

私もせっかくアスリート体系のギリギリに踏みとどまっているので、自分のカラダへの理解を深めつつ、スポーツの秋、冬のスノーボードシーズンに向けて取り組みたいと思います☆彡



ちゃお♪