昨日のブログで、「"お節"ってなんなんだ問題」について触れたばかりだけど、そんなモソモソした気持ちを抱えながら、うちの正月料理について、ちょっとお節料理を遠巻きに、いくつか今年の特徴的なものだけ触れてみたいと思います。

どれも田作りとか、栗きんとんのような定番ではないかもしれないけれど、大目に見ると、これらも"お節料理"なのかもしれない。



メインは付け焼きという炭水化物狂



以前のブログで、白米至上主義者であることを公言している私ですが、うちには付け焼き至上主義者がいます。
 



父はだいたい、お正月には毎食5枚は食す。

しかも、群馬のおばさんから送られてきた餅はだいたいサトウの切り餅の2倍。
前から付け焼きが好きなことは知っていたけれど、ここ数年、実家であまりお正月を過ごしてなかったもので。あらためてびっくり。


好きなものにはとことん食欲が爆発する父よ。
最期が正月でないことを祈る。現在満六十三歳。



"四日とろろ"


1月3日に長野へ行った私は、母から電話で「長芋買ってきて。三日とろろやらなくちゃいけないから。」と言われて。「三日とろろ?何それ?」と思いながら密かな名産品、立派な長芋を買って帰りました。

正月三が日以内にとろろ芋を食べると健康でいられるらしい。

って、うちにいて、そんなことやってた記憶がありません。28年間生きてきて(うちに住んでるのは22年くらいだけど)、私、今年知ったんですけど。

しかも、長芋持って帰宅したのは1月4日。


4日の夜に美味しく頂きました。
もはや、"四日とろとろ"。


ということで、瀬尾家には今年、厄が訪れるかも?しれませんw

なんまいだぶ。




お汁粉+漬物、完璧!

もう、他に語ることはありません。

"筆舌に尽くし難い"とはこのこと。


あえて言うなら、お汁粉はお汁粉だけでその素晴らしさを述べることはできないのです。
この日は"白菜漬"だったけど、私がこの世の中で愛して止まない食べ物"梅干し"とか、とにかく、甘くなった口の中に、しょっぱい、そしてちょっと冷たい漬物類が口に入ると、なんというか、絵も言われぬ幸福感に襲われます。

一口、二口お汁粉食べて、漬物をパク。幸せ。

そしてまたお汁粉、漬物、完璧!



これは、甘いけどちょっとしょっぱい、そう、あれに似ています。

"塩キャラメル"。


てか、もはや、その法則の元祖と呼んでも良いかもしれません。



いやー、鏡開きする前のお汁粉はフライング?そんなの、どう頑張ったって待てるわけない。


と、以上、くだらないうちの正月特集にお付き合いありがとうございました。
今年も皆さんが健やかに一年を過ごされますように!




yucco

*****************************************************************************************

yuccoの詳しいプロフィールはこちらからどうぞ

Profile

栄養コンサルティング・フードライフプロデュースに関するお仕事のご依頼・お問い合わせはこちらから
Eat.Sleep.Rideお問い合わせフォーム

yuccoが編集長を務める『WEBマガジン ビール女子』に関するお仕事のご依頼はこちらから
ビール女子お問い合わせフォーム

最近のビール女子関連掲載情報はこちら
ビール女子関連掲載情報