世の中の競技スポーツをしている人たちが何のためにしているのかといえば、それは人それぞれでしょう。

最近の私はと言えば、不順も不順。


"ラーメンを食べるためにやっている"と言っても過言ではないのかもしれません。(スノーボードのトレーニングを終えた後ほどラーメンが食べたくなる。)


↑私が愛して止まない、
上田の名店「おおぼし」にて。



↑おおぼしはキャベツのお代わり無料。
おそらく機械で切ったであろうキャベツの千切りにすら、ハリハリしててみずみずしくて"愛"を感じる。






正確に言えば、食べたいものを食べるためにやっているそして生きるためにやっている。



タイトルの
体を動かすこと×食べること=生きること


に従うと、食べることと体を動かすことはどちらがゼロになっても生きられない。



私たちはそういう生命体だから、スポーツをやる。


そして、セノオユキコの特性上、競技性がないと飽きるから、競技をやっている。


ただそれだけのことなのかもしれません。


誤解を恐れず言うならば、よく、"勝つために"という人がいるけれど、勝つことになんの価値があるというのか、続けることのほうがよっぽど価値がある。さらに言うなら、勝つことによる気持よさは続ける原動力になる。
そして、負けた悔しさもまた、続ける原動力になる。 と思う。


そんなハマることのできるスポーツと出会えた私は、これからも食べることが許されていて、生きていける。


よかった、と思うのです。



自分がハマることのできるスポーツや食に出会った人は、タイトルの法則によると、"人生の勝者"になることができる、かもと信じて。なんてね。


yucco


*****************************************************************************************

yuccoの詳しいプロフィールはこちらからどうぞ

Profile

栄養コンサルティング・フードライフプロデュースに関するお仕事のご依頼・お問い合わせはこちらから
Eat.Sleep.Rideお問い合わせフォーム

yuccoが編集長を務める『WEBマガジン ビール女子』に関するお仕事のご依頼はこちらから
ビール女子お問い合わせフォーム

最近のビール女子関連掲載情報はこちら
ビール女子関連掲載情報